「普段はできない酒林つくり体験」イベントレポート

「東京で新潟さんぽ」連動イベントも7回目を迎えました。
今回はこれまでと趣向を変えて、酒林(さかばやし)を作るという特別企画。

酒林(さかばやし)とは、酒蔵や酒屋の軒先につるされている丸い球のこと。これには、新酒ができたことを知らせる役割もあります。
新酒をしぼる頃に新しい酒林(杉玉)をつるすので、時間とともに緑から茶色へと変化していきます。

2019年1月19日イベント当日は、気持ちいい冬晴れ。今回も会場は表参道・新潟館ネスパスです。

講師は近藤酒造・八代目蔵元 近藤伸一さん

講師として、近藤酒造(新潟県五泉市)の八代目蔵元・近藤伸一さんが登場。
普段なかなか体験できない酒林つくりとあってか、会場はほぼ満席でした。

そして、「東京で新潟さんぽ」イベントには欠かせない存在となった…料理芸人のクック井上。さんと一緒に酒林つくり体験がスタート!


新鮮な青々とした杉の葉を使用し、まずはベースとなる針金に挿していきます。


大人になってから物づくりに集中するひととき。参加者の皆さんも真剣です。

ようやく酒林の完成です!

杉の玉をカットして、ようやく酒林の完成!
参加していたお子様もこの表情。できあがったときの達成感がうれしいのは、子どもも大人も一緒ですね。

近藤酒造の銘酒試飲も!


酒林を完成させた後はお待ちかねの試飲タイム!
今回は、近藤酒造の「菅名岳 大吟醸」「菅名岳 本醸造」を味わいました。


おいしい新潟清酒とおつまみを味わいながら、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

最後はみんなで記念撮影!

恒例の写真撮影でイベントは終了。日本酒にまつわる、新たな魅力に触れることができた2時間に、参加者のみなさんも大満足だったようです!

 

表参道・新潟館ネスパス
[住所]東京都渋谷区神宮前4丁目11−7
[電話番号]03-5771-7711
[HP]https://www.nico.or.jp/nespace/